8月15日の首相の靖国参拝

60814semi ジージーと蝉が鳴いている、1945年の8月15日もそんな日だったのだろうか。

 小泉首相は明日、靖国神社に参拝されると思う。ゆっくりと心置きなく参拝して欲しい。

 障害は中国の非難。それと韓国の現政権と。

 靖国の非宗教化、千鳥が淵墓苑の拡充、国立の慰霊施設の案がある。

 死者を慰霊する行為は宗教行為ではないのか。それとも国営の宗教を作ろうという魂胆か。どちらにせよ、過去何度も検討して没になった案ばかりではある。

 信仰は自由なのはもちろんであるが、信仰(宗教)を軽視する世の中は来て欲しくない。

「美しい国へ」 安倍晋三

美しい国へ
美しい国へ
 福田康夫氏の自民党総裁選不出馬で、俄然有利になった安倍晋三内閣官房長官が新書で自分の考えを発表した。

 題名がなんと「美しい国へ」。文春新書 2006-7-20 ¥767。

 総理大臣になろうという人の考えが出版されるのは大変いいことだと思う。もちろん靖国問題に関して、明確な意見を述べている。

昭和天皇の発言メモ

60720lily 玄関の席が空かないので、軒下で待機中のカサブランカ。

 当時の宮内庁長官のメモが見つかり、昭和天皇がA級戦犯合祀について発言されていたことが分かった。

 この事が波紋を呼んでいるようだ。しかし・・・

 昭和天皇はA級戦犯の件を承知したから命が助かったわけで、合祀には当然反対だったと思います。それだけの話では?

小泉首相の靖国参拝はどう?

60628yuri カナダへ行っても、靖国参拝へ行くと明言した小泉首相。
 
 ここで、中国・韓国抜きで靖国問題を考えたらどうだろうか。それじゃ議論の余地なしとする方もいる筈。

 外国から言われたから、靖国参拝は止めようというのであれば、首相としてあまりにも弱腰であろう。

<日本として真面目に考えると>
 ☆戦犯を合祀していることの是非。 ☆死後は総て許されるとする宗教観。 ☆靖国自体に戦争責任があるのかどうか。・・・・・・など考え

 *靖国を非宗教施設にする。 *千鳥が淵墓苑を拡充する。 *靖国からA級(更に戦犯全部)を分祀する。 *国立の追悼施設を作る。・・・・・・・について結論を出すこと。

 靖国の戦争責任と、宗教の自由の問題をきっちり分けて、考えなければならないのではないでしょうか。

検索


  • Google
    Web サイト内
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ