義仲・巴交流フェスタ in 富山国際会議場

120901yoto_2 NHK大河ドラマ化を祈って、義仲・巴交流フェスタが富山国際会議場で開かれ、それに参加しました。中田かかし祭(今年は9/21-9/23)でも義仲・巴のかかしをシリーズで飾っております。

 プログラムは福光送熱太鼓「巴相」による太鼓演奏・石井県知事挨拶・NHK制作局 屋敷陽太郎氏の特別講演・ゆかりの地の取組み発表・高校生による朗読劇「義仲と巴」でした。

 写真は小矢部市の取組み状況の発表です。

 各地の熱意は十分に伝わって来ました。これからどの部門がどうまとめて、NHKに大河ドラマ化を決断させるかが大きなポイントになりそうです。中田かかし祭もしっかり応援できると思います。

富山県民生委員児童委員大会

120713minji
 昨日(7月13日)、富山県民生委員児童委員大会がオーバードホール(富山市芸術文化ホール)で開かれ、それに参加してきました。 民生委員児童委員と言う長ったらしい名がつくのは次の条文があるからです。民生委員は自動的に児童委員になります。

「児童福祉法 第五節 児童委員
第十六条  市町村の区域に児童委員を置く。
○2  民生委員法 (昭和二十三年法律第百九十八号)による民生委員は、児童委員に充てられたものとする。
○3  厚生労働大臣は、児童委員のうちから、主任児童委員を指名する。
○4  前項の規定による厚生労働大臣の指名は、民生委員法第五条 の規定による推薦によつて行う。 」

120713honda
 記念講演は本田雅俊氏による『地方分権時代のコミュニティ~外国から見える日本の良さ~』をテーマにしたものでした。
 氏は金城大学特任教授で・政治行政アナリスト、少々脱線気味の講演はかなり好評。この手の講演の内容は偏った自説開陳が多いので聞いている方が迷ってしまいがちです。しかし今回は常識的に納得できる内容で、日ごろの活動に対して応援してもらったように感じました。

 地域コミュニティの活動は社会福祉関係がメインの流れにならなければいけないと常々考えていますが、まだまだ脇役です。地域コミュニティの活動に必要なのは、どういうことか考える機会が必要でしょう。

富山ライトレール PORTRAM

100707portram


 小学校2年生の孫(千葉県在住)が電車に興味をもっていて、富山ライトレールの写真が欲しいと言ってたので、富山市までのこのこ撮り行ってきました。

 せいぜい1時間半ほどの撮影タイムだったので満足してくれるかどうか分かりません。

 以前のJR富山港線とくらべるととても乗降が簡単そうです。バスの乗り降りと同じようです。

衆議院選挙結果 富山は国民新党一名減のみ

90830senkyo 富山3区に立候補しなくて、比例1本に絞った綿貫国民新党代表が落選した。

 富山県には政権交代の嵐が吹いたはずなのに、結果は小選挙区、比例を合計すると自民3、民主1と前回と同じで、国民新党が1名減となった。3区の相本芳彦氏が民主党公認なら、比例復活は間違いなかったはずだが。

 空気が読めない人が多い富山県だから仕方ないが、野党の代議士がいかに無力だったかを思うと、暗澹たる感じがする。

 政権交代の嵐は北アルプスでだいぶ弱められてしまったようだshock

富山県民生委員児童委員大会(平成21年度 第25回)

90708minjitaikai 5月から、前任者が亡くなられたので民生委員になりました。民生委員になると自動的に児童委員になることが法律で定められています。

 今日、富山県民会館で開かれた、富山県の大会に初めて参加しました。祝辞は3人とも代読でしたし、国会議員は1名だけを除いて代理出席。

 しかしながら講演は圧巻でした。富山県出身の元環境事務次官で、現在恩賜財団 済生会理事長 炭谷茂氏が講師。

 題は「新しい福祉課題への挑戦」

 福祉には単なる掛け声でなく、ソーシャル・インクルージョン(社会的包摂)が必要であり、その具体的な実現方法として、ソーシャル・ファーム(社会企業)が有効であると。

 炭谷氏の凄いところは提案だけでなく、実践しているところにあるようです。いろいろ情報を集めてみないと証明はできませんが。

 今回の参加者1200名がすぐ動き出せる内容ではないのですが、社会の動きが進み始めれば今日の講演を生かすこともできるでしょう。

2009となみチューリップフェア見学

 4月23日から5月6日まで富山県砺波市で開催されている「となみチューリップフェア」を見学に行ってきた。65歳以上はシルバーで800円(当日券)で入場できる。駐車料は400円(普通車)

90428tulipa

 撮影場所は定番の噴水とチューリップタワーの入る所。平日で好い天気なのでのんびりと見て回る。

 英語でないアジアの外国語も飛び交ってチューリップフェアも国際化したかと。

90428tulipb

 チューリップタワーに上ってみると、大花壇も何かを表現している。チューリップは満開で、とても華やかに目に飛び込んでくる。

90428tulipc

 チューリップ四季彩館では黒チューリップを特別展示していた。黒と言ってもまっ黒はないようで、このように白とのコントラストをとって見てみると黒ではある。

相本芳彦アナウンサーが衆院選に出馬表明

90126cineraria ローカル局北日本放送(KNB)の相本アナウンサーが、小沢民主党代表と共に記者会見し、次の衆院選富山3区での出馬を表明した。

 氏はラジオセンター部長だったが辞表を提出済み。放送を毎日楽しみに聞いていた小生にはずいぶん寂しくなった。なお民主党公認でなく、綿貫国民新党代表、社民党又市副代表の地元の富山県だけに、その協力を期待して無所属の出馬になりそうだ。

 また富山3区では、自民党から橘慶一郎高岡市長が出馬要請を受けている。高岡市民としては、市長として残ってもらうのか、高岡から自民党議員を出すのかの選択を迫られている。さらに相本氏は高岡市民なのでなんとも悩ましい。


 わが家の玄関にはサイネリア(富貴菊)が・・・・・

    「サイネリア 待つといふこと きらきらす   鎌倉佐弓」

稲葉山風力発電所~富山県小矢部市

81229furyoku_2 牧場のある稲葉山(富山県小矢部市)に風力発電所があります。JRの最寄駅は北陸本線の石動(いするぎ)駅です。

 600KWが3基。地球温暖化防止には焼け石に水の規模ですが、風景的にはなかなかいいと思います。

 地球の資源が枯渇し、温室効果ガスが地球の大気に厚く堆積することがわかっていても、人類はそれを防ぐことを目的とする手段の合意ができていません。経済成長と地球温暖化防止、省資源化は相反することを、ごたごた言って認めようとはしない国、人が大多数です。

 年末年始に大いにつぶやかせて頂きますのでよろしくお願いします。

富山県知事に石井隆一氏当選確実に

 今日投票の富山県知事選、もう当確のニュースが流れています。

 現職の石井隆一氏の再選が確実とか。推定投票率は41パーセント。前回より4パーセントほどアップしたようです。

 理由なく棄権した人は県政に不満を漏らす資格はありませんね。

明日の富山県知事選に投票しましょう

81018tijisen 別にこの方に投票しましょうという訳ではありません。

 奥さんの旧姓は北林さん。お医者さんの娘さんらしい。そういえばうちの息子も診てもらったことがありました。

 彼女はあの当時は大学生だったから、東京の筈。

 楽勝ムードの中、候補夫婦と握手をしてきました。だれに投票するかは秘密です。


 民主主義にとって棄権はとても危険なこと。しっかり投票しましょう!

より以前の記事一覧

検索


  • Google
    Web サイト内
フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ