水田のある風景~工場

60511chuetupulp 水田の向こうに見える工場は中越パルプ工業株式会社二塚工場。

 場所は高岡市二塚。工場名は「ふたつか」、地名は「ふたづか」と読む。JRの駅名は「ふたつか」。要するにどっちでも良いのだろう。

 JR米原は「まいら」、高速道路のインターは「まいら」。市は「まいらし」。旧町名は「まいはらちょう」。

 地名は人々の使い方次第だから、あまり厳密に規定しない方がいいのかも。

 それでも茨城(いばら)県だよね。

シクラメン第2弾

51118cyclamen 今年のシクラメン第2弾が玄関を飾り始めました。前回は11月4日でした。そのシクラメンももちろん健在です。それよりも一回り大きい鉢に入っています。

 イミダスの付録の「平成の大合併地図帳」を眺めていると興味ある地名にぶつかりました。

 ★☆長い市町名
    6文字 いちき串木野市(鹿児島県)
    5文字 南アルプス市(山梨県)、富士河口湖町(山梨県) 山陽小野田市(山口県)

 ★☆同じ市名と町名
    釧路市・釧路町(北海道)、越前市・越前町(福井県)
    三好市・三好町(徳島県)、四万十市・四万十町(高知県)
    
 ★☆山口県の山口市と小郡町が合併(10/1)していました。新幹線の駅名はすでに(2003)新山口になっていたんですね。

 今後も平成の大合併に注目していく予定ですので、よろしくお付き合いください。

射水市誕生

51101imizusi 新湊市・小杉町・大門町・大島町・下村が合併して今日から射水市になりました。人口約94000人。今ここ出身の有名人といえば、サッカーの柳沢敦選手でしょう。

 住所表示はダブったものを除き旧地名を引き継いでいます。変更のあったうち、下村小杉が射水市倉垣小杉となり、大正3年以前の復活地名になりました。旧小杉町下条が射水市橋下条になり、こちらは昭和43年からの復活。

 地名は人の生活を表す生きものですから、愛情ある選択になんか嬉しくなります。射水市という市名は、郡名の採用なので受け入れやすかったのでしょう。

 同時に今日、福岡町と高岡市が合併し、富山県西部にはすっきり郡、町、村がなくなり6市になりました。

カネボウ~鐘紡町

50820kanebo まさかこの町名がつけられたとき、カネボウが産業再生機構の支援を受けるとは、夢にも思わなかったのでしょうね。

 増して、元社長と元副社長とが起訴されるなんて。

 ここは高岡市鐘紡町。この高岡工場はどうなるんでしょう。企業は永遠なりという錯覚があったようです。


 お盆が過ぎたのに今日の最高気温は34.8℃。「残暑厳しき折」ですね。

2006大河ドラマ「功名が辻」

50810books
 来年のNHK大河ドラマは「功名が辻」。司馬遼太郎の原作で、山内一豊の妻、千代を仲間由紀江が演じます。

 原作は文庫で4冊になっていますが、今日読了しました。

 信長、秀吉、家康に仕え、最後は土佐藩主にまで上り詰めた一豊を支えた妻の物語。

 その中から、今の高知の地名についての部分を引用しておきます(208ページ)。

(一豊)「地名は河内というのじゃな」
「無用の河川が縦横に走って、年に数度は水つきがあり、四時、土地が湿潤しているため左様な地名になったのでございましょう」
「河内という名では水難がありそうで縁起が悪い。高知とすればどうだ」
「あっ、これはよい地名で」
と、百々がいった。
今回読んだ文庫は旧版で、現在は文春文庫から同じ内容の新版が発行されています。解説は永井路子氏。

延槻の河(早月川)

50726haitukiohashi 滑川市と魚津市の境界になっている早月川に架かる橋で、道路は国道8号線。その昔は早月川(はやつきがわ)を延槻河(はいつきがわ)と呼んでいたらしいのです。

 これは万葉集の歌碑にもなっていて

 立山の 雪し消(く)らしも 延槻(はひつき)の
      河の渡瀬 鐙(あぶみ)浸すも
 ~大伴家持

 この記事を「地名」のカテゴリーに入れたのは、橋の名前でなく、川の名前に注目したからです。新しくできた国道8号線のバイパスで、河の名前が復活したことになります。

町村という地名

50615machimura 富山市にある地名で町村(まちむら)。続けて書くと 富山市町村

 「どこが面白いの」と言われると困るけれど。私的には面白い地名です。

 似たような面白さを持つ地名では、四日市市、十日町市、志賀町町(石川県)など思いつきます。

狼(おおかみ)~高岡市戸出狼

14ookami という地名であったらと、ここを通るたびに思います。戸出が邪魔。

明治22年までは狼村、その後戸出町 狼 → 高岡市 戸出狼。

地名は未来を考えて。地名は文化です。

能登二宮

40222kaede_2 石川県のJR七尾線に能登二宮という駅があります。この近くに仕事に行った際、地名に興味がある私としては早速二宮を捜しました。能登一宮はその規模からみて気多大社(または神社)であろうと推測がついていました。

この駅から東へ数キロ行ったところに天日陰比咩(あめひかげひめ)神社がありました。住所は石川県鹿島郡鹿島町二宮です。確実なことは分からないらしいのですが、ここが能登の国の二宮だと思われているようです。比定されているという言い方をしますが。

写真はその神社にあった鹿島町の天然記念物の楓の木です。なんと太い根回り(外径)2メートルとのこと。

金沢市の旧町名復活条例

2004-1-5 読売新聞夕刊によれば条例を制定するそうだ。そういえば写真があったと思い出した。飛梅町(とびうめちょう)が2000-4-1に復活したとき撮った写真がある。

新しい条例を作ると、現在の住居区画を変えて復活させることができるらしい。金沢市には旧○○町という標柱が立っていて、復活したときは、旧を塗りつぶしている。この方式は神社と同じに何十年かすると、はげてきて旧が現れてしまうと思いますね。村社とか縣社とか現れてきてますよ。


photo/40106kyu


photo/40106tobiumecho

検索


  • Google
    Web サイト内
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ