« 山本山が勝ち越して、白鵬が優勝を決める | トップページ | 高岡古城公園の桜だより2009 »

高岡市斎場供用開始でのトラブル

90401saijob この写真は3月20日に撮影した、4月1日の供用開始を待つ斎場。付近の田んぼには絶対供用阻止の旗が掲げてあったが、長年の問題は大方片がついたようにに見えていた。

90401saijoa 供用開始の今日、様子を見に行ったところ、近づけない雰囲気だった。

 ニュースによれば、反対派住民が道路に座り込み、うち1人が斎場のガラスを割って器物破損で現行犯逮捕された。

 近くに住んでいても反対の理由がよくわからない。少し前には中止していた工事再開を容認したようにも思えた。その上、霊柩車が来る段階で座り込みの阻止行動はなんとも解せない。さらに、器物損壊は高岡市民への挑戦状にもなりうる。

 何事にももめごとは付き物だが、お互い広い心で許せ合えないものだろうか。ましてや誰でも一度はお世話になるところなので。

« 山本山が勝ち越して、白鵬が優勝を決める | トップページ | 高岡古城公園の桜だより2009 »

地域・高岡市」カテゴリの記事

コメント

TVで取り上げていたので、驚きました。
以前から砺波市側で反対があることは聞いていましたが。
話がついたものと、思っていましたが。
この手の施設はどこに行っても敬遠されるので難しいですね。
反対運動の根っこが何か。そこを解決できるといいのですが。

◇やっちゃん2さん
 TBSラジオ「アクセス」でも取り上げていました。

 砺波市の住民には益はなく、迷惑ばかりだからわからないではないのですが、地元自治会(当然高岡市民)が分裂している状況です。

 斎場は完成しているし、裁判を取り下げて、状況は反対派に不利になっています。

 高岡市民17万人を敵に回してしまうので、反対運動はとても疑問が多いのです。

 発端はお金の問題で最後はプライドの問題に行き着いています。

 地区に施設が持ち込まれると、その補償金の配分や使い道で住民は対立しました。
もっと有体に云うと市の金を使って地区住民に強い影響力を及ぼしたい一部議員の暗躍がありました。
自治会人事への介入やあからさまな恫喝による切り崩しが行われました。

 地方地域において自治活動からの放逐を受ける事がどれだけ重大な事かを地方新聞は報道できないし、
中央のメディアは理解できない。
 先祖数代に渡って築いてきた信用や格式が無に帰する事であり、
こうなった以上決して金銭だけで解決できる問題ではない。
しかし、お金が欲しい人も居るから余計に話がややこしくなる。

 高岡市が近隣市町村と多くの遺恨を残してきた轍を今回も踏んでいます。

 反対運動は収束せざるを得ない状況でしょうが遺恨は数十年後も残るでしょう。
 ラジオや新聞は絶対報道できませんが不可解と言われる反対運動の根の部分はとても暗く深いのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5152/44534767

この記事へのトラックバック一覧です: 高岡市斎場供用開始でのトラブル:

« 山本山が勝ち越して、白鵬が優勝を決める | トップページ | 高岡古城公園の桜だより2009 »

検索


  • Google
    Web サイト内
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ