« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

大酒飲みは嫌いです

90217hanag サラリーマンをやっていると、お酒を避けて通れない。飲酒む量がその人の能力にカウントされ勝ちだ。ゴルフ、麻雀力が能力だったりと同じに。

 ところが、そんなことは世界には通用しないのは当たり前だ。朦朧会見の中川財務金融相が辞任したのは当然だろう。

 今日から玄関には、桃の花とデンドロビウムが登場。

 思うに、経済も季節も冬だ。じっと耐えるしかないだろう。いくら国の予算をつぎこんでも、今までのままを維持するためには、焼け石に水ではないだろうか。

 この時を変革のチャンスにして、大きく舵を切るのも一つの選択肢だと思うが。地方・農林業・環境などのキーワードがある。

郵政民営化は行革の大きな第一歩

 今朝のTBSテレビの報道番組に竹中平蔵氏が出演し、郵政民営化について説明をしてくれた。それに今日、元行政改革担当相 渡辺喜美衆院議員、江田憲司衆院議員を中心とした行政改革を目玉とする政策集団(名称は公募予定)の発足式があった。

 麻生首相の迷走発言は横に置いといて、郵政民営化は行政改革の大きな一歩であったのは間違いない。天下り、渡りの問題も大きなテーマになってきている。

 行政改革を目玉に上げながら、郵政改革見直しを謳う民主党をとても理解できない。また自民党の、かっては抵抗勢力と呼ばれた人たちが息を吹き返してきているのがなんとも不気味だ。

 官僚の方は個人的には能力・人間として優れた方が多いとは思うが、 すっかり肥大化した(メタボ?)官僚モンスターをどう退治するかを、ヤマタノオロチを退治した須佐之男命(スサノオノミコト)にコーチしてもらうべきか。

「今日の立山連峰」 2009-2-8

90208tateyama 夕方にその姿を見せ始めた立山連峰。平地には全く雪がなくて、春かと思い惑うほどの天候が続いている。

 このところの不況を観察して、ダーウィンの自然淘汰を思い浮かべるのは不遜なことだろうか。驕れるものは久しからずの平家物語をも思い浮かべてみる。

 すなわち、産業構造の転換が生活方法の転換が、アメリカにも日本にも求められているのでなかろうか。各個人が汗をかいてその歩く道を発見して欲しい。

こんなところに選挙の影響が

90206knbp これは富山県のローカル局のラジオの番組表だ。昼の0時30分からは○○商店とあるが、以前はこんどの選挙の立候補予定者の名前が入っていた。

「コンビニラジオ○○商店」というのが正式な番組の名前。名前だけでなく、内容もずいぶんさみしくなったと感じている。

 衆議院議員とアナウンサーと天秤にかけた訳ではないだろうけれど、1 リスナーから見れば、影響力という観点からは理解しがたい選択だったような気がする。

 富山県の(特に3区の)有権者の選択を信じてもらった方が、彼の卓見をより生かせたのではないだろうか。

アメリカで地デジ移行を延期

 ついに4日、アメリカの下院でも地デジへの切替を2月17日から6月12日まで延期する法案が可決された。これで2回目の延期になる。切替2週間前の慌てぶりである。

 日本ではまだまだ先(2011年7月)とのんびりすることなく、対策を打って欲しい。電機メーカーが薄型テレビの売り上げが減って困ってるらしいし。メーカーさんは国に働きかけたらどうだろう( ̄ー ̄)ニヤリ

 ブラウン管のテレビから、液晶のテレビに買い換えようと思うと、その価格の高さに驚く方が多いのではないか。せっかくの定額給付金と、テレビの買い換えをリンクすれば、派遣切りを少しは減らせたかもしれない。

 tvtvtv 定額給付金が出たら地デジ用のテレビか、コンバーターを買いましょう coldsweats01

検索


  • Google
    Web サイト内
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ