« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

郵政民営化見直しなら民主党には投票できない!

 小沢民主党代表と綿貫国民新党代表が今日、全国郵便局長会(全特)の地区会長会議に出席して、郵政民営化見直しをアピールしたようだ。その詳細は示していないが、小泉改革の否定と思われる。

 小泉改革の是非は問われても良いが、小生は郵政民営化は後世に残る歴史的大事業だと考えている。これを目先の票のために否定するなどとんでもない。

 さらに、消費税率引き上げは避けられないと思っている。いくら公務員改革をやったにせよ、民主党の言うほど節約はできないはずだ。国民の福祉を充実するためには消費税率アップは避けられない。

 麻生首相の朝令暮改振りには笑ってしまうけれども、消費税に関しては勇気ある決断をしたと考えている。

 これらから判断して、次の選挙には民主党へ投票できないことを明言しておく。一人ぐらいと言われるかhappy02

「今日の立山連峰」 2009-1-29

90129turugib 所用で富山市に行ったので、常願寺川の堤防から剱岳を写してみた。自宅から観る山とは迫力がずいぶん違う。

90129turugia 頂上付近(標高2,999m)を拡大するとこういった具合になる。遠くから観てる分には神々しくもあり芸術品だが、登山者の遭難が多くてかなりの人々が犠牲になってる魔の山でもある。

 ところで、大相撲初場所で優勝した、朝青龍のガッツポーズが話題になっていて、横綱の品格問題になってるようだ。私見だが、ガッツポーズは気力の充実を現して何とも気持ちのいい動作だ。

 品格とは(広辞苑より)①物のよしあしの程度。しながら。②品位。気品。「-のある女性」

 いかにも個人差が出そうな言葉で、感想を述べるときまではいい。しかしながら、戒告までやるとなるとずいぶん問題ではないか。品格に関しても、細かい規則を作って判断基準を明確にせよ。

 大麻問題の解決もずいぶん強引な解決方法だった。相撲協会は時代から相当遅れているし、横綱審議会も同じようなものだ。「スポーツ」大相撲を愛する者としてあえて苦言を呈してみた。

「今日の立山連峰」 2009-1-28

90128tateyama これから数日は晴れの日が続きそう。平地は雪がうっすら状態で、一方さすがに立山連峰はすっぽり雪に覆われている。

 家計の借金が増えれば貧乏生活するのに、国はますます借金を増やす。今日の首相の施政方針演説は、小泉改革からの転換を図ることを示唆している。ならば即解散しなければいけない。今の衆議院の議席数は小泉改革への国民の意思表示の筈である。

 我々国民は、膨大な借金を抱えているのだから貧乏生活を覚悟しなければいけない。それなのに、政府への要求は止まない。

 自然の雪解けは春が来ればやってくるが、経済の雪解けはいつやってくるのか予想がつかない。ともかく、雪の中で生活する覚悟がなによりも必要なのではないだろうか。

相本芳彦アナウンサーが衆院選に出馬表明

90126cineraria ローカル局北日本放送(KNB)の相本アナウンサーが、小沢民主党代表と共に記者会見し、次の衆院選富山3区での出馬を表明した。

 氏はラジオセンター部長だったが辞表を提出済み。放送を毎日楽しみに聞いていた小生にはずいぶん寂しくなった。なお民主党公認でなく、綿貫国民新党代表、社民党又市副代表の地元の富山県だけに、その協力を期待して無所属の出馬になりそうだ。

 また富山3区では、自民党から橘慶一郎高岡市長が出馬要請を受けている。高岡市民としては、市長として残ってもらうのか、高岡から自民党議員を出すのかの選択を迫られている。さらに相本氏は高岡市民なのでなんとも悩ましい。


 わが家の玄関にはサイネリア(富貴菊)が・・・・・

    「サイネリア 待つといふこと きらきらす   鎌倉佐弓」

朝青龍にはまいった

90126asashoryu 場所前、朝青龍の優勝を予想した相撲ファンや関係者、評論家はごく少数だったのでは?これぞ朝青龍の相撲だというものを場所後半は見せてくれた。

 実は山本山(191㎝・248kg)が今場所の注目の的になるのではと思っていたら、朝青龍の前にはすっかり霞んでしまったようだが、見事新入幕で勝ち越した。

 朝青龍に対して品格のなさが言われるが、熱心なファンが求めているのは、一番に強さではないかと思っている。特に若い人はそうではないだろうか。ともかく、品格を求め過ぎて大事なものを失うような相撲界であってはならない。

 ついでながら、日本人の星「稀勢の里」が小結で勝ち越して、来場所の新関脇を確実にした。大いに稽古して、日本人の大関、横綱をめざしてもらいたい。

68歳の不倫を騒ぐ

 もし本当ならとても元気な前期高齢者の羨ましいニュースがあった。

 鴻池祥肇(よしただ)官房副長官は68歳。参院議員宿舎に美人妻を泊めたとして、不倫報道があった(15日発売の週刊新潮が元)。

 美人かどうかは記者の主観。それにブス妻ではニュースにならないから。不倫は文化かもしれないし、少なくとも違法ではない。官房副長官の辞任を要求できるのは、美人妻のご主人だけではないのか。

 なんでも政局にしたい議員がいるけれども、そんな国会議員の無様な姿を苦々しく思っている国民は多いと思われる。騒ぐ前にしっかり議案の議論を尽くしてもらいたい。

 68歳で、もし不倫ができるようなら国政にも大いに力を発揮できるはず。英雄色を好むとか言うらしいし。

「今日の立山連峰」 2009-1-14

90114tateyama 今朝は放射冷却か、すっかり冷え込んで最低気温は-1.6℃(富山市にて)。そして昨日までの雪ですっかり雪景色だ。

 車で通勤しているとき、怖いのは雪が多く降った時ではなくて、寒い朝に路面が凍結するときであった。なので、今朝はかなり道路は渋滞したようだ。

 一方政界では、渡辺喜美議員の行動をどうみるかはいろいろある。しかし、少なくとも一服の清涼剤にはなった。離党の第一のの理由は定額給付金でなくて、行政改革への麻生首相の取り組み方であることに心すべきだと思う。

下から読んでも山本山

90112yuki 朝からの雪模様。14時に気温0.5℃、21時で0.6℃、積雪20㎝(いずれも富山市にて)。

 昨日から大相撲初場所が始まっている。マスコミの報道では、朝青竜は進退がかかり、負けないかと期待した面々を裏切って2連勝した。

 今場所はそれ以上に、新入幕の山本山(前頭西15枚目)に注目が集まっている。191cm・248kgの大相撲最重量力士だ。2日目の今日は堂々と豊響を押し出した。高見盛もうかうかできない人気に国技館が沸いている。

木瓜の花

90110boke 厳寒に玄関で咲く木瓜の花。寒木瓜でなく、初冬の暖かさに早めに咲いたものと思われる。

 今日からしばらくは雪模様が続くらしい。今、外は深々と雪が降っている。全く根雪がない状態からスタートしたので、当分積雪の多さを心配しなくていいだろう。

 日本の政界では、渡辺喜美衆議院議員の一人の乱に続く動きが見られず、保身にのみとらわれている議員らを見ていると、小泉元首相が壊すと言った自民党は壊れてしまったと見える。議員の力が弱ると官僚が強くなるという現象が出ているようだが、どうだろうか。

アメリカでも、地デジ切り替えで大騒ぎらしい

 日本ではCATVの利用者はアナログテレビでの視聴延長ができるようになるみたい。だが、アメリカでは地デジ切り替えは今年の2月17日。今頃になっても見通しがたたなくて、消費者連盟は議会に延期を申し入れたようだ。

 次期大統領のオバマ氏のチームも動いたとかeye

 定額給付金の問題でさえ先を読めない政府だから、地デジ問題についてはさもありなんと思う。だが優秀な官僚は一体どうなってるのか、と皮肉の一つも言いたくなる。泥縄という言葉を思い出してしまった。

 日本の地デジの切り替えをすんなりやって、さすが日本、アメリカと違うわいというところを見せて欲しいものだ。

 

「今日の立山連峰」 2009-1-8

90108tateyama いつもの写真より、カメラをずっと北へ振ってみた。右の方は立山連峰だが、真中から左へ、高い方は後立山連峰だ。鑓ヶ岳・白馬岳・朝日岳といったところが遠望できる。

 手前の橋は庄川にかかる中田橋。自動車用と、自転車・歩道用の2つの橋が重なって見えるだろうか。

「今日の立山連峰」 2009-1-7

90107tateyama 山の色が過去に見たことがないようなものであった。それに、雪がいつもの年に比べて少ないようだ。例年は雪でべったり厚化粧なのだが。

 近くの南砺市で、6人の焼死者が出た火事はなんとも悲しい元旦のニュースだった。その後、全国的に焼死者が出た火事のニュースが続いている。火のもとに念には念を入れた注意を!

越中一の宮~射水神社

90105imizujinja 越中一の宮は、時の為政者によって変わるのでいくつかある。その中の一つが、この高岡古城公園内にある射水神社である。

 今日5日でも、参詣者はひっきりなしに訪れていた。会社関係の方とか、今日までお参りできなかった人々であろうか。

 会社に勤めていた時、会社の行事として車の安全祈願とか、地鎮祭に参加したことがある。まだまだ宗教行事もしくは慣習としての信仰は実生活に入り込んでいる。効率を追い求める会社にしては、不思議だと感じてはいたのだが。

地元のお宮さんに初詣

90101miya

 久しぶりに初詣は地元のお宮さん(移田八幡宮)に行きました。人出はぱらぱらですが、気持はすがすがしく、神様には願い事を聞いてもらえるような気がしました。ここは戦前、郷社として格が高かった神社なのです。

 ここのお世話をされてる方とは、ほぼ全員顔見知りで、神主さんとは中学の同級生です。そんな関係もなかなかいいものです。

 このお宮さんの社務所が老朽化していて、建て直す案が出ています。氏子の皆さんの賛同を得て、なんとか早めに実現すればいいと思っています。

 今年は身近な人、物、文化に目を向けてみようかとも考えています。

検索


  • Google
    Web サイト内
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ