« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

レジ袋削減と、地デジの意味

 今年の日記はぐちぐち愚痴で終わらせます。

 富山県ではスーパーなどではレジ袋が有料になっています。5円が惜しくて、というより非協力をとがめられる気がして皆さん買い物袋を持ってお買い物です。小生もそうしていますがcoldsweats01

 一方で同じようなポリ袋を別途購入しています。1枚当たり4円かかりますが、使い方が慎重になっています。ゴミの小分けにやっぱり必需品なんですね。目立つと叩かれた見本のようです。

 レジ袋の削減は温室ガス削減に効果はあるでしょうが、一方の地デジ(2011-7に全面切り替え予定)はとんでもない代物です。いま使っているブラウン管式テレビの廃棄処理だけでも膨大。日本だけでなくアメリカでも、低所得者には大きな問題のようです。

 見る側のテレビだけでなく、放送する側の設備費もかなり高額らしいですね。これだけ普及したインフラの方式を変更するには、もっともっと慎重に計画を立ててほしいものです。それにアンテナの立て替えも必要になるかも知れません。

 これを機会にテレビ離れの家庭が増えそうです。PC+携帯があるとテレビって魅力はそんなにないですね。

車大不況~バブルがはじけただけ

 アメリカの車メーカーだけでなく、トヨタを初めとして日本のメーカーも含めて大不況ですね。ガソリンなど燃料費の高騰をきっかけに車離れが加速しています。ちょっと落ち着いてみれば、単に車バブルがはじけただけと思えます。

 そんなに嘆いてばかりいないで、車の不況を反対側から観てみましょう。

 排気ガスが減る。資源の枯渇が先送りされる。道路関係の公共事業の予算を減らせる。事故が減り医療費が減る。ことによったら昔の繁華街がよみがえるかも。

 それに、携帯電話やインターネットの利用が進んできて、あわてて走り回る必要が減っていませんか?車万能の社会を信じすぎていたような。車信仰とでもいえるような社会。

 ついでに言わせてもらうと、内心では車メーカーの生産効率が他に比べて抜きんでていて、それが円高の大きな要因になっていると思っています。農業など、生産性が悪い産業がその煽りを食ってとても苦しんでいます。

 この世の中、あまり目立つといつかは叩かれるのではないでしょうかshock

稲葉山風力発電所~富山県小矢部市

81229furyoku_2 牧場のある稲葉山(富山県小矢部市)に風力発電所があります。JRの最寄駅は北陸本線の石動(いするぎ)駅です。

 600KWが3基。地球温暖化防止には焼け石に水の規模ですが、風景的にはなかなかいいと思います。

 地球の資源が枯渇し、温室効果ガスが地球の大気に厚く堆積することがわかっていても、人類はそれを防ぐことを目的とする手段の合意ができていません。経済成長と地球温暖化防止、省資源化は相反することを、ごたごた言って認めようとはしない国、人が大多数です。

 年末年始に大いにつぶやかせて頂きますのでよろしくお願いします。

「今日の立山連峰」 2008-12-24

81224tateyama この立山は午前中だけが綺麗でした。あすは雨模様、あさっては雪模様らしい。

 「変」なる2008年もあと一週間になりました。せめて来年は「CHANGE」の年になってほしいものです。年金暮らしの身で心配しても詮無いのでしょうが、孫が迎える社会をすこしは見通したいですね。

忘年会らしいもの~自治会の役員会

81222sazanka_2 昨晩町内の自治会の役員会を開きました。この時期に役員会があるというのは忘年会を兼ねているからでしょうか。議題の主なものは新年会でした。

 若い方から、自治会は飲んでばかりいると言われそうですね。

 飲むに先立って、真面目に議題に従って議論しました。いつものことですが、全く予想もしない質問・意見が出て面喰いました。

 その中の一つは、公民館の規約についてでしたが、4年間公民館長をやっていて見たことがありません。オタオタして回答してました。今日になって探したら、薄茶色の規約が見つかりました。で、内容は通り一遍のものだったのでとくに問題はないようです。

 昨日の午前中にサザンカ(山茶花)を、高岡おとぎの森公園で見つけました。

「今日の立山連峰」 2008-12-20

81220tateyama 雲で日差しを避けているような立山です。かなり珍しい風景だと思いますが、綺麗かどうかは意見の分かれそうなところです。

 このところ国会は迷走して、次の選挙の投票を入れる候補者を決めるのに、苦労をする人が多いのではないでしょうか?

 ですが、東国原知事、橋下知事などがとてもお元気です。大分県の市長の派遣切りへの対策は見事です。テレビでは、小さな町の活性化の成功例をいくつか放送しています。地方分権の時代は地方で奪い取りましょう。中央がもたもたしている、今が絶好の機会とも考えられます。

 「今こそ地方分権推進を!」

 一つの国として運営するには日本国は大きすぎるという話もあります。連邦とまではいかないでも、道州制が望ましいかもしれません。

 前の田中康夫長野県知事は、人格的にかなりの特徴がありますが、その意見には大いにうなずけると思っています。来年度の予算財務省原案では、地元知事からノーを言われた、川辺川・大戸川ダムの事業費を大幅カットするようですね。

「今日の立山連峰」 2008-12-16

81216tateyama 平地の雪はすっかりなくなって、このところ春かと思えるほどの暖かさです。この写真は射水市(旧大門町)から写しました。

 今日は株価が下がり、円が上がりました。株はまったく持っていないので株価には直接は関係ありません。でも、この不景気が長期に亘るとと思うと心配です。

 政治家と言うのは、テレビを見てると、この期に及んでも自説を曲げないように見え、解決策を示すこともできない。演説だけが上手い人が政治家なのかと思ってしまう。最も悪いのはそんな政治家を選んだ国民なのだろうか。

シクラメン三つ揃い

81214cyclamen シクラメンが玄関に三っつ揃いました。菊や門松みたいに天地人と高さを揃える芸当はできません。

 戦国時代に、3本の矢は折れにくいと、3兄弟の結束を諭した武将がいたと聞いています。

 どこかの政党みたいに、数百人いてもばらばらでは力になりませんね。会議で何も決まらないのを小田原評定と言ったと思います。滅びる前は決心がなかなかつかないのでしょう。

「今日の立山連峰」 2008-12-7

81207tateyama 麓もすっかり雪化粧して、お山もきれいな姿を見せていました。

 何かと足を引っ張られている麻生首相ですが、マンガを読み、ホテルのバーで飲みと、とても好きなキャラクターです。

 小泉元首相は「人生には三つの坂がある。上り坂、下り坂、そしてまさか」と言っておられました。麻生首相は下り坂の大将のようで、これをチャンスにするエネルギーはお持ちではないようです。

 その昔、織田信長軍の、朝倉との戦いで殿軍を務めた秀吉のような勇将は出ないのでしょうか。小池百合子さん?まさかpout

雪でお化粧してみました

81206manryo 今朝から雪が降り始めてかなり白くなってきました。万両は雪でお化粧して紅白となりました。

 紅白と言えば、紅白歌合戦に縁の深い遠藤実さんが亡くなられました。ご冥福をお祈り申し上げます。

81206nanten これはナンテンだと思います。赤い実が白くお化粧してきれいになりました。

 今冬は雪の降るのがとても早くて、身体がなかなか追いつきません。ここはしっかり気を引き締めて寒さに耐えましょうbearing

月刊 現代 その始まりと終わり

81205gendai 現代の創刊号には、田中角栄自由民主党幹事長の記事が載っています。「畏友・珍友 動の人 静の人」で、とてもまじめな内容でした。

 松本清張が「流れの結像」の連載を開始して、現代ドキュメンタリーでは梶山季之、川内康範、清水一行が寄稿をしています。

 あれから42年、とうとう現代の最終号が出ました。月刊誌の役目はまだまだあると思いますが、経済的事情には如何ともしがたいようです。       価格は創刊号が150円、最終号が950円。

「今日の立山連峰」 2008-12-1

81201tateyama 右に見える工事中の橋は、北陸新幹線の庄川架橋です。北陸新幹線から、このような立山連峰を見ることができればとても素晴らしいことだと思います。

 今日はとてもいい天気で、孫の相手をして、夜には町内の方のお通夜に行ってきました。

 日本の景気は、政治はどういう方向へ動くのか。なんだか嵐の前の静けさという感じがしています。

検索


  • Google
    Web サイト内
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ