« まだ現役の薔薇 | トップページ | ミニバラ3兄弟 »

開町400年なんて

80531kanayamachi同じ市内に住みながら、千本格子のまちなみの金屋町を初体験した。金屋とは鋳物を作る町くらいの意味であろう。高岡市は銅器が地場産業で、もちろん日本一生産量を誇る。

 それはいいが、さまのこという千本格子は記憶の中にあるものだった。戦後すぐは、こんな町並みは珍しくなかったと思う。

80531400nen 高岡市は来年には、開町400年を迎えて、かずかずの行事が予定されている。

 私の住む、中田地区には大伴家持、木曾義仲の足跡があって、とても400年どころではない歴史がある。なので、この400年の行事には違和感を感じている。

 越中国府のあった、伏木地区の人はもっと強い違和感を感じていられるのではないか。国司として大伴家持が赴任したところを忘れてもらっては困ると思うが。

« まだ現役の薔薇 | トップページ | ミニバラ3兄弟 »

のぼり・桃太郎旗」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

地域・高岡市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5152/41383680

この記事へのトラックバック一覧です: 開町400年なんて:

« まだ現役の薔薇 | トップページ | ミニバラ3兄弟 »

検索


  • Google
    Web サイト内
フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ