« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

「今日の立山連峰」 2008-1-28

80128tateyama 肉眼では雪が白く映えてよく見えていたのですが、写真ではこのようにバックが白っぽくてコントラスト不足ですね。

 白鵬の優勝で昨日終わった大相撲初場所は、白鵬にも朝青龍にも満足できる結果になりました。でも、大関陣の不甲斐なさにはがっかりです。来場所以降、安馬、稀勢の里、琴奨菊などの若手に、大関交代のチャンスと頑張って欲しいものです。

チーム・バチスタの栄光(上)(下)~海堂 尊

 海堂 尊 著 宝島社文庫 2008-1-24 読了
 
 バチスタとは
 「R.バチスタ博士が始めた拡張型心筋症に対する手術術式の一つ(本文より)」
 なので、これは医療ミステリーと言っていいでしょう。

 そして、2月9日に竹内結子と阿部 寛が主演の映画が公開されるようです。

 医療現場の実態がかなり詳しく描写されています。また、小説としては本格ミステリーの形をとっていて、とても読み易く感じました。医療とミステリーに関心のある方々両方にお勧めです。

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)
海堂 尊

宝島社 2007-11-10
売り上げランキング : 56
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

文苑堂のブックカバー

80123bookcover 高岡市に本社のある書店、文苑堂のブックカバー。 大概はブックカバーを断るのが、昨日は袋の方を断ったのです。

 高岡の観光スポット、名物を組み合わせて、なかなかおしゃれに仕上がっているようです。

 ICE CREAM :10段のソフトクリーム?THE KOJYO PARK:高岡古城公園の動物園のペンギン、 COROQUETTE:高岡大仏コロッケ?高岡大仏、万葉線、七夕祭、銅器などが並んで。

 読書の合間に栞とか、ブックカバーに目を休めるのも、また楽しいと思いますが...

「今日の立山連峰」 2008-1-18

80118tateyama 薄めの立山連峰がさらに雲の袴を穿きはじめました。手前の雪景色も入れて、こんな絵のでき上がりです。

 昨年の漢字の「偽」に、製紙会社が再生紙の古紙割合でさらに偽を上塗りしていました。風当たりは弱いようですが、小生の思いでは、環境がらみ、大会社の偽装と言うことで、その影響を見過ごすことはできません。

 前から不思議なのは、コンプライアンスという言葉が大声で唱えられることです。法を守っていないから、今更「コンプライアンス」ということを叫ばなければいけないのですね。

異邦人~パトリシア・コーンウェル

 やっぱりパトリシア・コーンウェルはスカーペッタですね。上下2巻ですが上にリンクを張っておきます。
 パトリシア・コーンウェル著 相原真理子訳 講談社文庫 2008-1-11読了
 原題「Book of the Dead」

 検屍官シリーズ第15本目 
 いきなり、ローマにてバスタブでの、女子人気テニスプレーヤーの殺害模様が登場する。
 お馴染みのケイ・スカーペッタ、ベントン、ルーシー、マリーノの人間模様も・・・

 前後に起こった殺人事件の後に残されたサンド(砂)と、神の手にも登場のDr.セルフがキーポイントになる。

 最新の科学捜査技術を駆使して犯人を特定する様は正にサスペンスである。このシリーズを読んできた人には、やはり必読書だと思う。

異邦人 上 (1) (講談社文庫 こ 33-26)異邦人 上 (1) (講談社文庫 こ 33-26)
パトリシア・コーンウェル 相原 真理子

講談社 2007-12
売り上げランキング : 260
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「今日の立山連峰」 200-1-15

70115tateyama 天気はこれから下り坂、雪が降り出す予報が出ています。今朝はこの冬一番の冷え込みでした。

 道路特定財源の暫定税率が、民主党の格好の政府いじめのターゲットになっています。

 延長が決まらないと、税の歳入欠陥が生じるようです。今日の総理の記者会見の説明では「ガソリンがアメリカ以外の国より安い、石油を使いすぎない歯止めになる」ということでした。なんとも問題のすり替えがお上手です。

 暫定税イコール道路という式を、どう崩していくのかのロードマップが欲しいと思います。道路を不便にすることが車を減らして環境浄化に貢献しないのでしょうか?

第4回高岡市公民館フェスタ

80111festa 第4回高岡市公民館フェスタの公民館研究大会に出席してきました。オープニング公演(写真)のばっちゃま劇団(定塚公民館)の「水の涸れない池」~勝興寺の七不思議より~がとても愉快で何度も笑いを誘っていました。

 その後、優良公民館表彰、事例発表等がありました。生涯教育の一つの核に据えられている公民館活動で、活発なところはとても立派なのだと思います。我が地区の公民館活動はかなり恥ずかしいかなと感じていますが。

 公民館フェスタは明日もいろいろ見所のある発表があるので、地元の方には足を運んで欲しいなと思っています。

寒中見舞い

80107kanchu

 この正月は年賀状を遠慮したので、寒中見舞いをアップします。こちらの地方では、天神様(菅原道真)の像とか、掛軸を飾って子供がしっかり学問するように祈ります。今となれば男の子だけへの風習は奇妙だけど、江戸時代が始まりならば納得しましょう。

 学問といえば、杉並区の和田中の夜間塾(夜スペ)が話題を呼んでいる。何故夜かというと、部活が終わる頃には塾には間に合わないので、その生徒らを救う意味があるそうだ。

 それに対する都教委の対応は全くお笑い種で、都知事も苦笑いであろうか。出る杭を打っているようでは、日本の教育に未来はないと思いますが。

 さて、この天神様を贈った孫はしっかり学問してくれるだろうか(^_^;)

検索


  • Google
    Web サイト内
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ