« 高岡古城公園の紅葉 | トップページ | 落ち葉の季節 »

壊れていなかった自民党

 「造反組」復党願24日午前提出期限(2006-11-21讀賣新聞夕刊)と伝えられています。

 『自民党をぶっ壊す』が約束の、小泉前首相も苦笑いをしているかもしれません。

 亀井静香、綿貫民輔氏を復党させるわけではないので、一部は壊れました。復党組も、先見性の無さがはっきりしてしまったわけで、たんなる集票マシーンを期待されています。

 刺客で比例当選組は、いいように政権しがみつき党に利用されたわけです。

 しかしながら造反当選組は、票という国民の支持を受けて当選しているのです。が、郵政民営化賛成に変わったのがすっきりしません。

 しっかりしないと見える民主党と比較すれば、今回の復党問題は致し方のないところと納得しましょう。

« 高岡古城公園の紅葉 | トップページ | 落ち葉の季節 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5152/12771512

この記事へのトラックバック一覧です: 壊れていなかった自民党:

« 高岡古城公園の紅葉 | トップページ | 落ち葉の季節 »

検索


  • Google
    Web サイト内
フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ