« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

夏日には涼しいダムへでも・・・

60531gokuchidam 今日は久しぶりに富山県地方は夏日。

 こんな日は、山のダムの放流は涼しげで良いですよ。雪解け水のため放流をしているようです。

 富山県では「水不足」「我田引水」は死語ではないかと思います。その分、冬には雪という大敵が待っていますが。富山県では水道の断水の記憶は全くありません。一時金沢に住んでいて、寺町という隣町まで断水が迫ってきたことがあります。

 あ、紹介が遅れましたが、ここは砺波市庄川町金屋の庄川用水合口ダム(または舟戸ダム)。砺波平野の用水取水用のダムで、庄川のダムでは最も下流にあります。

新緑の候、芍薬も咲いて

60529shakuyakuc わが家のシャクヤク(芍薬)は昨日から咲き始め、今日には花の形も様になってきました。

 このところ、春の花が咲き、木々の葉も豊かに育ってきています。まさに新緑の候です。

 ところが 

 社会保険庁の不祥事、小学生の殺害事件などの嫌なニュースが飛び交っています。

 それに米原万里さんの訃報が。ずいぶん彼女のお話には楽しませてもらいました。ご冥福をお祈り申し上げます。

小・中学校は週6日制に戻せば

60528satuki この地方では、サツキがぽつぽつ咲き始めました。

 ヒラドツツジと比べて、咲始めが遅い、葉が小さくて濃い緑であることで区別しています。ツツジ・サツキは集団で咲いて、地上近くで咲くのが素晴らしいところだと思います。

 英語必修問題で少し揺れている教育問題ですが、常々、週6日制に戻して授業時間を多くすることが基本だと考えていました。授業時間を長くして、ゆっくり勉強することが学力向上に一番の近道だと思います。

 本日(2006-5-28)付の讀賣新聞の世論調査結果によると、完全週5日制の影響について

子供がテレビを見たりゲームで遊んだりする時間が増えた 55.9%
学習塾や予備校に通う子供が増えた 49.7%
子供が勉強する時間が減って、学力が低下した 42.9%

 私の勤めていた会社が完全週5日制を採用した時は、1日の労働時間を長くして、週の労働時間は減らしませんでした。

 もう一度、完全週5日制は検討し直す価値があるのではないでしょうか?

阪神タイガース首位に立つ

60527rose バラのカウンティフェアという品種です(2006-5-25高岡市おとぎの森公園にて)。

 さて、プロ野球セリーグでは今日、阪神が西武に勝ち、巨人がロッテに敗れて首位が入れ替わりました。

 ヤクルトもひたひたと追いかけてきて、4位まで3.5ゲーム差です。これでセリーグも目を離せなくなりました。


 ところで中日は、ソフトバンク相手に4-3で勝利。福留が中日の全打点を叩き出し、朝倉が粘投を見せてくれました。そこそこ頑張っています。

梅酒を

60526umeshu わが家で今日梅酒を漬けました。

 ビンの中できらきらと光って、なかなかきれいに見えます。

 梅酒ができたらわが家では飲まず、そっくり娘にやる予定。やっぱり親ばかですね。

つるばら カクテル

60526cocktaila 高岡市のおとぎの森公園のバラが咲き始めました。

 といってもつるばらのカクテルが主で、他のバラは来週あたりまで待った方が良さそうです。

 昨年より開花が遅いようです。日照不足が影響したのでしょうか。

60526cocktailb おとぎの森館で、5月27日~28日にバラ展が開催され、そこには切花が展示されると思うのでそれは間に合うのでしょう。

 バラは写真写りが良い花なので、ここ当分楽しみです。

「今日の立山連峰」 2006-5-25

60525tateyama すっきり晴れないですね。雲が架かった山も雰囲気がありますが、たまにはすっきりと見たいもの。

 射水市串田(旧大門町)から、手前に早苗の水田を入れてみました。


 個人的にすっきりしたといえば、ライバル(ジャイアンツ、タイガース)が負け、ドラゴンズが大勝で連敗をストップしましたね。

凧まつり写真×3枚

 一昨日の日曜日越中だいもん凧まつり

 せっかく撮った写真なので紹介します。

60523kitea 風車つきで、鞍馬天狗の顔の部分は万華鏡風に変わりました。

60523kiteb 連凧とでも呼ぶのでしょうか。
 カラフルできれいでした。

60523kitec ゲートから見た凧揚げ風景。目で見た感じでは、凧がもっと大きく見えました。

羽ばたけ! 柳沢 敦

60522yanagisawa サッカー・ワールドカップドイツ大会には富山県出身の代表選手がいます。

 FW柳沢 敦選手です。

 射水市黒河(いみずしくろがわ)出身、鹿島アントラーズ。出身校は富山第一高校。

 てな訳で、これは射水市小杉庁舎です。富山というと志の輔と、柴田理恵だけではないのですよ。

越中だいもん凧まつり

60521tako 越中だいもん凧まつりが昨日、今日と開催されました。

 場所は現在の射水市枇杷首(びわくび)、最寄の駅がJR越中大門駅。

 目いっぱいアップで撮ってみました。このときは自治会の凧揚げ競技の部でした。庄和町の凧です。


 おやおやなんとイナバウアではありませんか


 まだまだ日本中が、荒川選手の金メダルに酔っていると見えます。

 ・・・ きのうはともかく今日は良い天気で、会場の庄川河川敷は大盛況でした。・・・

「今日の立山連峰」 2006-5-21

60521tateyama 各地で雪形の話題が聞かれるように、この立山でも雪解けが始まったようです。

 今日の気温は平年並み程度ですが、陽射しが強くて暑く感じました。

 肉眼では、山の下がぼんやりで、浮かび上がった立山という風で良い感じでした。しかし写真に撮ると、コントラスト不足でくっきり感は不満足です。

大相撲の優勝争いが熱いぞ

60519rearwindow のんびり空を見ている場合ではないのだが。マイカーのリヤウインドウに写った空も見ごたえがある。

 大相撲夏場所は今日で13日目。

 優勝争いは1敗で、白鵬、雅山 2敗が把瑠都 3敗が千代大海。中でも新入幕の把瑠都が注目の的で誰か止めることができるのだろうか?

 個人的には雅山の、優勝よりも大関復帰ができるかに興味がある。今場所後は可能性がないらしいが、これだけ勝つと、来場所後の大関復帰の可能性がぐんと高くなる。

 フレー!フレー!雅山!

リスクと科学者

60518siberia 玄関の花、シベリアというユリ。

 カサブランカと同じ白い花だが、それと違って上向きに咲く。

 <リスクと科学者>

 讀賣新聞15面(2006-5-17)、<2006 思潮 5月>は「リスクと科学者の責任」

 そこに中西準子氏の名前を見つけ、中央公論に「科学者に求められる責任とは何か」を掲載されていることを知る。

 中央公論にそれを読んだが難解。内容は副題にある「英国、日本のBSE問題から考える」。

 それよりも、畑村洋太郎氏(工学院大学教授で「失敗学」の著者)の「起きてしまった事故は社会の共有財産である」に共鳴した。

 例として、六本木ヒルズ回転ドア、福知山線脱線事故などを挙げている。

日本人は事が起きると、責任追及に血眼になりがちだ。しかし再発防止のために必要なのは、失敗を真正面から見据え、徹底的に利用することである
この事をあの時言いたかったのだ。

やさしいウェブ講座~週刊ダイヤモンド

 2006-5-20号の週刊ダイヤモンドは「やさしいウェブ講座」が特集に。

 ウェブ2.0としてブログ、SNSなどを紹介している。一通りさらっているという感じだ。

 その中に紹介のあった、sudiさんのブログの写真はすばらしいので必見。

<お願い>

 SNSの「mixi」会員の方、よろしければコメントなど下さい。
 「姓名」 または ニックネーム 「sine_wave」 または 「sine」で検索可能です。

ヒラドツツジの写真

60516tutujipark 日曜日(2006-5-14)、高岡市の水道つつじ公園にて、ヒラドツツジ(平戸躑躅)。

 ツツジの思い出は、茨城県日立市から日光へ行く途中で見た道端のツツジの印象が一番。

 黒磯という地名の記憶があるので、那須地方かもしれない。ヒラドツツジではないかもしれないが。色はおおざっぱに赤であった。

 とにかく40年以上の昔の話。

高岡市の「水道つつじ公園」のつつじ

60514tutujipark 昨日の日曜日に「水道つつじ公園」に行ってきた。

 ヒラドツツジがほぼ満開状態で、早く咲く深紅のキリシマツツジはだれ気味。近くの方は、今週全般にちょこっと立ち寄られては?

 昨年、サツキの咲く時期に何回か訪れたけれどほとんど咲いていなかった。ここのサツキは駄目なんだろうか。


 ところで「ココログ」が夜にはずいぶん重い。だから、昨夜のこの記事のアップを諦めて今にした。

母の日にもらった花

60514haha 今日は母の日、子供らより贈ってきた花を紹介します。もちろん妻にです。

 今日の天候は晴れ時々雨、といってもほとんど降らなかったので、まずまずの母の日和でした。

水田のある風景~立山連峰

60513tateyama 水田のある風景はこれで終了します。背景に立山連峰が見えます。撮影は5月10日。

 ところで、ヤンキースの松井秀喜選手が、手首骨折で全治3ヶ月と報じられています。あの時のプレーはファイト溢れるものでした。

 これで思い出すのが、横綱貴乃花が膝の怪我を押して出て、土俵人生を短くしてしまったこと。

 今回の松井選手のプレーは頑張りすぎだとも見えました。引く時は引くのが大切で、その時は批判はあるだろうが、長くプレーするのもファンの為ではないでしょうか。

 終わりまで考えた人生の処し方が大事なのでは。

 その点、トリノオリンピックの金メダリストの荒川静香選手は、プロという次まで考えた立派な競技生活の終わりを遂げてくれました。

水田のある風景~工場

60511chuetupulp 水田の向こうに見える工場は中越パルプ工業株式会社二塚工場。

 場所は高岡市二塚。工場名は「ふたつか」、地名は「ふたづか」と読む。JRの駅名は「ふたつか」。要するにどっちでも良いのだろう。

 JR米原は「まいら」、高速道路のインターは「まいら」。市は「まいらし」。旧町名は「まいはらちょう」。

 地名は人々の使い方次第だから、あまり厳密に規定しない方がいいのかも。

 それでも茨城(いばら)県だよね。

水田のある風景~JR城端線

60510jr JR城端(じょうはな)線の高岡市二塚(ふたづか)付近。

 JR城端線は、北陸線のJR高岡駅から、南砺市の旧城端町の城端駅まで29.9キロの行き止まりの線路である。

 途中散居村の田園地帯を眺めて、のんびりするのには良いだろう。今の時期はこんな水田の中を走ることになる。

 途中に砺波駅があり、GWにはチューリップフェアで賑わった。今年のフェア来場者は31万人と発表された。

「今日の立山連峰」 2006-5-10

60510tateyama この山の色は天気が下り坂になる色。

 フェーン現象なのか、最高気温が富山市で30.0℃で真夏日。高岡市伏木で29.5℃。

 もう雨が降り出して、立山は全く見えない。

水田のある風景~アズマダチ

60508azumadachi 砺波平野の散居村の農家はこんな家が多い。典型的な散居村の農家と言い方になろうか。

 東向きに建った白い漆喰が特徴的。屋敷林は「かいにょ」と呼ばれているが、一昨年の台風でかなり倒木してしまった。

 田植えは数年前からひと頃より遅らせている。収穫時期と暑さをずらせて、米の質を確保するのが目的だそうだ。今週末からが田植えのピークなのかと思っている。

 うちは農家でないので詳しくない。orz

 田植えの様子も、デジカメで追っかけようかと考えている。

水田のある風景~小学校の土俵

60508dohyo 近くの小学校にある土俵です。ここで相撲をとっている人を見かけたことはありませんが。

 自分らが小学生の頃は、相撲というのはメジャーなスポーツでした。まさに国技に相応しい位置づけだったような。

 現在でも、小学生の全国規模の相撲大会があり、決してひどいマイナーにまでは落ち込んではいないようですね。


☆ ところで大相撲では、横綱朝青龍が右腕を負傷し、明日からの出場が危ぶまれます。対戦相手(若の里)の、土俵際の振り回しにあったのが第一原因ではと見ましたがどうでしょうか。
(P.S. 2006-5-9 朝青龍が休場です。土俵下へ落ちた時に、右腕を痛めたということです)

 横綱へ挑戦の、栃東も琴奨菊に完敗です。ぽっかり今日は気が抜けたようで。

水田のある風景~メルヘンな公民館

60507yabunami メルヘンな建物を遠景で入れてみました。藪波公民館です。5月6日撮影。

 その後近くで写真を写していたら、公民館の方が「タワーとメルヘンの街・・・小矢部」というパンフレットをもってこられました。深謝。

 ところが、5日にそこの近くで火事があったんですね<特養 ほっとはうす千羽の増築部分>。今日の新聞で、そこの施設長に同級生の名前を見つけました。

水田のある風景~メルヘン公共建築

60506ootanichu ここ富山県地方では田植えが始まりました。しばらくは<水田のある風景>を紹介します。

 どこかで見かけた建物ですか?多分違います。これは小矢部(おやべ)市立大谷中学校です。

 ある市長時代に、メルヘンな公共建築を建設したことがあります。これはそのうちの一つ。

 小矢部市にあるJR北陸線の駅は「石動(いするぎ)」。駅付近は昭和37年まで石動町。一時、小矢部駅に改称の動きがあったが、石動高校が甲子園に出場し名前が売れ、駅名は存続に決定した経緯があります。

「今日の立山連峰」 2006-5-4

60504tateyama とても良い天気だったので、立山が見えました。もっとすっきりして欲しいとは思いましたが、なんとかオートフォーカスで撮れました。

 こころもち、高いところでも雪の間から岩場が顔を出しています。

 ところで今日は「国民の休日」で、お休みの方が多かったはず。だけどなんといい加減な休日なんでしょう。こんな休日を作った人は、なんとセンスというものを持ち合わせていなかったのか。

 せっかくなので、5月4日は「地球環境の日」にでもしたらどうでしょう?

 日本国民は、ここまで地球の環境に関心を持っていることを世界にPRするのです。竹島だ、尖閣だ、靖国だと細かいことばかりを言っている国を嘲笑ってやりましょう!

憲法記念日に寄せて一言

60503worldfab 憲法記念日ですが、今日は一時ほど新聞は騒ぎ立てなかったような。

 気になっているのが憲法9条。最大の論争点でしょう。

 現憲法で自衛隊を持った日本で、自衛軍を持つと憲法が決めたら、どこまでいくか非常に心配です。

 ここは社民党の主張ののほうが安全パイかもしれません。

 この日本という国、法の精神を尊重せず、都合のいいように字句の解釈をしてしまいがち。

 末筆ながら、写真の花は、チューリップ(ユリ科)の、ワールドファボリット(ダーウィン・ハイブリッド系)という品種です。

実の、蓑、みの

60502yamabuki 山吹が盛んに咲いてる。これは実のならない八重咲。

 やまぶきとの最初の出会いは絵具にあった色“やまぶきいろ”、次は太田道灌の山吹伝説の

七重八重 花は咲けども 山吹の みのひとつだに なきぞかなしき(後拾遺和歌集) 
みのは“実の”と“蓑”にかけてある。蓑は雨具だがほとんど古語の部類かも。このHP<山吹の里>に詳しい。

 もう一つの“みの”は「みのもんた」。小生の朝は 朝ズバッで始まる。

 ズームインの、新聞のミカタの辛坊さん、橋本さんも見る。

 ものもんたの意見は、かなり馬鹿げたものもあるので要注意だ。しかし、細かいことを言わないのでいい。バカとハサミは使い様とも言うし。女子アナはかなり新鮮。

ゆらさん?

60501yura 先日、4月29日 昼の12時過ぎ 2006となみチューリップフェア野外ステージにて。

 この時間は“ゆらコンサート「ゆらの小春日和」”でした。四人のグループで歌っておられて、この方が仕切っておられるような様子でしたが。

 ゆらさんでしょうか?

 富山県内で活動されているようです。

 これは、写真としてもかなり決まっていると思いますが、どうでしょうか。

検索


  • Google
    Web サイト内
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ