« 雪空にカタカゴの花も俯いて | トップページ | 白木蓮もびっくり »

小5から英語必修にすれば?

 ココログがまだまだ重い。コメントはなんとか表示できるようになったけど。

 中央教育審議会の外国語専門部会が「小学校5年生から英語を必修化すべきだ」との報告書をまとめた(2006-3-27)。

 当たり前だよね。外国語専門部会だもの。

 藤原正彦先生の国語重要視論が紹介されたばっかりだから、英語必修化は対立意見になったみたいだ。


 省みるに小生の

祖父母は4人とも明治の人だけど日本語の読み書きができなかった(外国語は聞いたこともなかった筈)。小生の中学校時代は英語は必修ではなかった。高校では必修だったので、高校進学する人は選択したものだ。

 だからといって、国語ができないから祖国愛が少ないとか、英語ができないから国際人にならないとかというのは割引いて考える必要があるというのも極論の部類。

 教育がしっかりやられれば、人のレベルが平均的に上がるのは間違いない。もちろん例外の人は多数いる。

 要するに、教育をどうするかは総合的に考えるべきこと。我田引水論は世の常で・・・・・。

« 雪空にカタカゴの花も俯いて | トップページ | 白木蓮もびっくり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5152/9340958

この記事へのトラックバック一覧です: 小5から英語必修にすれば?:

« 雪空にカタカゴの花も俯いて | トップページ | 白木蓮もびっくり »

検索


  • Google
    Web サイト内
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ