« 元大関貴ノ花が死去 | トップページ | オールザットジャズ(バラ) »

もんじゅ訴訟の目的?

 もんじゅ訴訟の最高裁判決が出て(30日)、国側が逆転勝訴でした。訴訟の目的が理解できないので、ネットで原告の方も含めいろいろ調べてみました。

 とにかく原発に反対の方々が訴訟を起こしたらしい。私も、原子力はその取り扱いを間違うと、大変危険なことは理解しています。原発の中で、放射能を浴びながら仕事をしたこともあります。

 訴訟はお金(補償金)が目的ではないみたいですね。本当に国民の理解を得るのであれば、勝負のつく訴訟に持ち込むのはまずいような。法廷で争うには問題が大きすぎるともいえます。

 電気エネルギーを原子力以外でどう獲得するのか。省エネをどう進めるのか。そういったことも含め、総合的な判断を要すると思います。そういった判断なしに、原発に対し反対運動だけを実施するのは、寄生虫的発想から抜けきれていないのでしょう。

« 元大関貴ノ花が死去 | トップページ | オールザットジャズ(バラ) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5152/4355624

この記事へのトラックバック一覧です: もんじゅ訴訟の目的?:

» 「もんじゅ訴訟 安全審査の違法性否定」毎日新聞(5/31朝刊)を読んで [ウーツー(CDレビューア)]
もんじゅ訴訟 安全審査の違法性否定  核燃料サイクル開発機構(核燃機構、旧動燃)の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)を巡り、周辺住民32人が国による原子炉設置許可処分の無効確認を求めた行政訴訟で、最高裁第1小法廷(泉徳治裁判長)は30日、原発訴訟で初めて住民勝訴とした名古屋高裁金沢支部判決(03年1月)を破棄し、 住民側の請求を棄却した。判決は「安全審査に看過し難い過誤、欠落はなく、許可処分が違法とはい... [続きを読む]

« 元大関貴ノ花が死去 | トップページ | オールザットジャズ(バラ) »

検索


  • Google
    Web サイト内
フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ