« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

水野真紀さんはお菓子屋さん

水野菓子工房
水野真紀さんが結婚へというニュースが流れましたね。少し前のイオンのパンフレットに水野菓子工房が載ってました。もう注文は締め切られているはずですが、売れ行きはどうだったんでしょうか。お菓子屋さんかと思っていたら、政治家婦人になるんですね。選挙の応援演説もどうせなら、きれいなお姉さんのほうがいいんでは。 余談ですが、お相手の後藤田正純代議士は8月5日生まれで、なんとワタクシsine_waveと誕生日が同じなんですね。さらに8月5日生まれには柴咲コウさん・古賀誠代議士がいます。

ガソリンタンクに異物

40223gas

 ガソリンタンクに、長年のうちにこんなものが堆積するんでしょうか。我家の車のガソリンタンクに、こんなものが詰まっていたそうです。10万キロ弱走っています。車を修理してもらったら、これが原因だったとか。

 これを防止するには、何かいい方法がありますか。ご存知の方は教えてください。
自分の仕事上の経験では、水冷式の機械の水が通る部分には、こんなものがありました。井戸水の水質が悪いとそうなるらしいです。。ガソリンにもそんなことが言えるんでしょうか?

能登二宮

40222kaede_2 石川県のJR七尾線に能登二宮という駅があります。この近くに仕事に行った際、地名に興味がある私としては早速二宮を捜しました。能登一宮はその規模からみて気多大社(または神社)であろうと推測がついていました。

この駅から東へ数キロ行ったところに天日陰比咩(あめひかげひめ)神社がありました。住所は石川県鹿島郡鹿島町二宮です。確実なことは分からないらしいのですが、ここが能登の国の二宮だと思われているようです。比定されているという言い方をしますが。

写真はその神社にあった鹿島町の天然記念物の楓の木です。なんと太い根回り(外径)2メートルとのこと。

越中一宮

気多神社
吉の続きで越中一宮を調べたら四社あるらしいのです。時代によって違ったということでしょうか。どおりで二宮が見つからないんですね。二宮をご存知のかたは教えてください。

一宮を主張する神社は「射水神社」・「高瀬神社」・「雄山神社」・「気多神社」だそうです。上の写真は気多神社で、今日自分で撮影して来ました。能登一宮の気多大社から分霊を勧請したといわれているらしい。要するに能登の気多大社の子分なのでしょう。

ということで歴史の勉強をしてみました。

高瀬神社のおみくじ
越中一ノ宮の一つに高瀬神社があります。絵になりそうだと思い写真を撮りに行き、ついでにおみくじを引いたら運勢は「吉」でした。誰も見ていないので只という手もあったのですが、いちおう初穂料箱に100円を入れました。
★旅行(たびだち) 利なしひかえよ  ★恋愛 今の人が最上迷うな
結局今のままが良いということらしい。この程度の書き方だと、当たるとか当たらないとかは判断のしようがないですね。それに普通は木に縛ってくるから、内容は記憶しないし、残ったのは「吉」だけということになります。今回はデジカメで写してきたからしっかりチェックできますけど。
今日は暖かかったのでフラフラと出かけてみたのでした。

マネキン

マネキンと、ウィンドウに映った雪のある駐車場の対比が面白いと思って。

mannequin

コロッケを良く食べる富山市民

私は富山県の住人です。コロッケの消費量は富山県が日本一とか。jazznetさんが水野屋のコロッケを買ったという記事をアップされていたので思い出しました。

追伸 (2004-2-18) 元データをさがしたところ、少し違うようなのでタイトルを変えました。(富山県人→富山市民)。都道府県別のデータでなく都市別のデータでした。
総務省統計局家計簿からみたファミリーライフにデータが掲載されていました。「第3章 3.いろいろな地域の暮らし」を参照してください。

チューモク

チューモクハッと横の看板を見ました、ということになりそうな立て看板。


これはチューモク株式会社の看板でした。もとは中越木材という名前で、中越が付くのはこの地方ではよくある名前です。越中の逆ですから。

熱気球の試乗会

熱気球試乗しーやもんさんの熱気球体験を読んで熱気球の試乗の写真を思い出しました。空高く上るんではなく、ロープをしっかり結んで数十メートルくらい上がるんですね。

去年のスカイフェスとなみ(富山県砺波市)では先着順で無料で体験できたみたいです。写真(クリックでポップアップ拡大表示)はその時のものです。

中日落合監督

40214nagoya.jpg今日の讀賣新聞夕刊3面に「のるかそるかオレ竜」で落合監督の記事が載っている。
中日時代の落合選手をナゴヤ球場で見たことがある。写真はそのときのチケットである。多分消化試合だったと思うが、名古屋にいるうちに見ておこうというつもりだった。
地方にいると不便なのはこんなイベントになかなか参加できないことである。米がおいしいとか魚が新鮮だとか言っても、所詮負け惜しみみたいなものだ。
プロ野球・Jリーグ・大相撲などスポーツ観戦を時々むしょうにしたくなる。六本木ヒルズとかも行きたいし。

福留孝介選手

今日(2004-2-12)の讀賣新聞夕刊3面の「球人」は中日・外野手福留孝介 26.
「高校(PL学園の)先輩の立浪追った孝介少年ということで、小学4年のとき立浪選手からバットを送られていたことが書かれている。中日に入団したときの目標がトリプルスリー(3割・30本塁打・30盗塁)。難しい数字ではないとしている。」
しかし野球はチームプレーだから、そんなこだわりはかえって邪魔だと思う。タイトルはマスコミ受けするが、チーム内の位置というものが最も大切ではないのかなと思う。立浪選手を目標にするならその点だろう。もう一人の偉大な高校の先輩で、トリプルスリーを2002年に達成している、ニューヨーク・メッツの松井稼頭央選手も意識しているかも。とにかくふくらはぎを直して頑張れ福留!!

ドラゴンズ岩瀬抑え志願

2月10日付け読売新聞の記事にあった。落合監督は明確な答えを出していないそうだ。自分的には従来どおりセットアッパーかなと思う。岩瀬投手のすごいところは5年も連続して活躍しているところ。

かなり年季の入った中日ドラゴンズファンのつもりの私。元はアンチ巨人で、名古屋勤務2年でしっかりドラゴンズファンになったようだ。しかし今年は優勝は巨人か!堀内監督が新人のとき、後楽園でその雄姿をみて、いまだにそれが瞼に焼きついている。長嶋・王の記憶がないくらいだからよっぽど強烈だったのだろう。

道の駅を知らないって

道の駅大栄今日のFMとやま(JFN)の「Open sesame!」を聞いていたら○ちゃんがびっくりするようなことを言っていた。「道の駅ってなんですか?メールくれた○○さん聞いていたらメールください」―――さすがにメールがどっと来たようだ。ま、道の駅ってローカルな利用が多いのかなとも思う。

この写真の大栄(だいえい)という道の駅は、鳥取県東伯郡大栄町の国道9号線沿いにあって、道の駅第1号だそうだ。各地で道の駅にはずいぶんお世話になる。トイレとか、特産物とか、食事とかいろいろ利用させてもらった。

道の駅ついては道の駅参照。

もうひとつ「Open sesame!」はアリババと40人の盗賊の「ひらけ ごま!」

デリカテッセン

スーパーの外からの覗き見写真です。See-Through第2弾です。
写真はHPと日記(Diary)にアップしているので、左のマイホームページのSINEWAVEへどうぞ!

40207delica.jpg

シースルー(see-through)

シースルーと反射の両方の効果のある、ショーウインドウの写真。透明感があってこの雰囲気が好きだ。自分で目的とした風景じゃなくて、偶然の絵が入るときもありそう。

ポップアップ表示あり↓クリック

photo/40203kotobuki

ほたるいかの煎餅

駅弁で有名な鱒寿司をつくっている(みなもと)の売店で売っていたもの。15枚で税込み500円。煎餅だから、雰囲気ぐらいはを味わうことができるというところ。

ほたるいかの煎餅

検索


  • Google
    Web サイト内
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ